ダイエットは生活習慣の改善!視点は遠くへ

ダイエットて、本当に難しいですよね。
続けることはもちろん、過度な食事制限で体を壊す、なんてこともあります。
痩せたはいいけど、過ぎて「病気?」何て疑われる状態になってしまっては、何のためにがんばったか判らなくなってしまいます。
また、目的を達成してもそれを維持するのも難しい、いわゆる””リバウンド””です。
“”痩せた状態の維持””は痩せることより難易度が高いかもしれません。
目的が美容にしろ健康にしろ、ダイエットの手法は生活習慣の変更(改善)です。
まずは厳しいダイエットをする、それを経て目標まで体重を減らしたら、ダイエットの内容を緩める。
無理です。
ええ、無理ですとも。厳しいダイエットを経験して、その後に節度を保ちつつ緩めることが可能でしょうか?
体験したダイエットが厳しいほど、その反動は強いものです。
厳しいことを成した後、自分に甘くなるのは必定です。
じゃあ、どうすればいいのか?はっきり言います。短期間で成果を出すダイエットは諦めましょう。
では、どうすればいいのか?ダイエットの計画をする際、その内容を長期間続けられるもの、ダイエット後も、極端に言えば一生続けることが出来る内容にすべきです。
具体的には少しずつ食事の量を減らすのが王道でしょうか。
コツは、「ここまでなら減らせる!」ではなく、「この程度なら楽勝」にとどめることです。
瞬間風速てきに実行できても、無理なダイエットは結局挫折します。
それよりも長続きして、習慣として馴染ませることの方が遥かに大切です。
それで辛さを感じなくなったら、更にステップアップすればいいのです。
勉強でもスポーツ競技でも、やはり土台となる基本が出来ていないとその先は見込めません。
短期間で成果をだす(痩せる)というのは、基本を無視して結果を出そうとしていることと同じです。
ダイエットで挫折する原因は自分のがんばりと結果が、必ずしも比例しない点にあります。
ならば、いっそのこと体重のことは忘れましょう。
目標を体重ではなく、節制した日数にしてしまうのです。
そしてそれが達成できたら自分にご褒美を与える。
ただし、ご褒美は一回のみです。
ちょっと高級な食事とかがいいでしょう。量ではなく、質の面でのご褒美です。
そうすればリバウンドもないし、ご褒美のためにがんばれるというモチベーションにもつながります。
長期間その状態が維持できれば、結果としてダイエットも上手く行くはずです。
長期的視点、ダイエットにはそれが重要です。